小さな子どもがいる家庭ならチャイルドロック機能が不可欠

チャイルドロック機能の必要性

ウォーターサーバーは、安全な温水や冷水がいつでも飲めるようになるとして導入する人が増えてきています。特に赤ちゃんのミルクを作りやすくなるとして、小さな子どもがいる家庭に導入するケースがあります。確かにすぐにお湯が使えるというのは便利ですが、子どもがいる場合にはチャイルドロック機能があることが必須です。子どもは大人が思うよりも簡単にロックを解除してしまうことがあります。ロックを外してしまうとお湯で火傷をしてしまったり、水遊びをして部屋を濡らしてしまいこともあるため注意が必要です。子どもの安全のためにも、簡単に解除できないようなチャイルドロック機能がついたウォーターサーバーを選ぶことが重要となります。

タイプ別の選び方とは

経済産業省ではウォーターサーバーの事故防止策の指針を制定していて、満1歳未満の子どもがウォーターサーバーのコックやボタンが触っても、お湯や水が出ないようにすることを定めています。また、簡単にロックが外れないように2段階以上の操作を必要としたり、子どもの手が届かない高さにロックをつけるなどの工夫が必要だとされています。ウォーターサーバーを選ぶ場合には、これらを基準の一つとします。
ロックにはいくつか種類があるため、大人が使いやすいものを選ぶのもポイントです。二つのレバーを下げるタイプ、レバーを持ち上げた上で押すというタイプ、ロックボタンを押してレバーを押し込むタイプに分けられます。他にも、電子式なども選べます。

ウォーターサーバーの価格は水だけではなく、サーバーレンタル代・電気代によっても違ってきます。また会社によってはメンテナンスや故障した際のサポート料金や、配送料がかかる場合もあります。

Follow Me