低コストかつ空気が入りにくいボトル

サーバーのボトルと空気の関係性

ウォーターサーバーを利用する上で注意しなくてはいけないポイントの一つに機密性の高さがあります。ウォーターサーバーで使用されるお水は生産過程で加熱などの殺菌処理は行われていますが、水道水のように塩素による消毒は行われていません。こうした理由からサーバーの水は水道水に比べて傷みやすいと言われています。とはいえ、健康への配慮はされているので気密性が保たれていれば1ヵ月程度であれば安全に飲むことは可能です。問題は空気との付着で、水は空気に触れることで雑菌が繁殖しやすくなる特性があります。塩素が含まれていないサーバーの天然水は1週間もしないうちに飲めなくなってしまうケースもあるので利用をする時はボトルの気密性に注意が必要です。

コストに影響するボトル選び

利用するメーカーによって異なりますがウォーターサーバーの利用には費用が発生します。主な内訳はレンタルで使用する場合のサーバーの料金に利用に伴って発生する電気代、水の料金などです。予め決められているサーバーのレンタル料や電気代を減らすことは難しいですが、水の料金は工夫次第で安くすることができます。月々に配送される水は最初に契約を交わした量となるため、仮に先月の分が余ってしまったとしても翌月の量を減らすといった対応はできません。中には使い切れないお水がどんどん貯まって処分することになるという失敗例もあります。水の使用量は多く使う時期の基準で決めてしまうと前述した失敗に繋がるので、余裕を持って使い切れる量にすることがコストを抑えるコツです。

宅配水とは、天然水やろ過した安全な水を自宅に宅配してもらうサービスです。専用のウォーターサーバー等を使用することで、熱湯もすぐに利用できるというメリットも生まれます。

Follow Me